薄毛の豆知識

首こり・肩こりと薄毛の関連性


あまり知られていない事として、首こりや肩こりが薄毛を引き起こしている要因の一つという事実があります。つまり、どれほど効果的な薄毛対策を行ったとしても首こりや肩こりが生じている限り発毛が促進する可能性は低いです。原因は個々により異なる上に体質や骨格も関係していますが、最も多く見受けられる要因は運動不足です。


そして、長時間コンピューターの前で同じ姿勢を保ちながらデスクワークを行ったり、スマートフォンを使用して眼精疲労が起こる事で肩が凝るという現代病も関係しています。他には、ストレスにより自律神経に乱れが生じる事も一因ですし、お仕事などで就寝する時間が日々異なるという事も理由になります。


症状が重くなると肩と首に存在している筋肉が痛くなり不快な様子になります。対策を講じずに症状が進行すると痛みは強くなる一方で、吐き気や頭痛を覚え呼吸が困難になることもあります。


このように肩が凝るという症状と薄毛は深い関係があるのですが、根本的な薄毛の解決を目指すためには肩が凝る事と薄毛が連動している理由を知る必要があります。肩凝りというのは悪化することにより首や背中、肩の筋肉も硬直し上半身全体が血行不良に陥ります。血行不良になると頭皮に対する血流も悪化するため、頭皮全体に存在している毛細血管に本来の量の栄養と酸素が届かなくなってしまうのです。毛根に存在している毛母細胞というのは、血流に乗って届けられる栄養と酸素を元にして活性化しています。


そのため、筋肉が硬直し血液の巡りが悪くなると毛母細胞に栄養が供給されなくなり、次第に髪の毛が生み出されなくなってしまい薄毛となるのです。そして、既に生えている毛は徐々に細くなっていきシャンプーをはじめとする何らかの刺激で簡単に抜けてしまうようになります。こうした状態が長期間継続すると元の状態に戻す事は困難になり、悪化の一途を辿ります。運動を日課にしたり、ストレッチを行い身体を動かすことで対策になります。


>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識