薄毛の豆知識

いろんな種類がある「脱毛症」の話


髪はその人全体の印象を決める大切なポイントです。それだけに、抜け毛や薄毛などの髪のトラブルで悩んでいる人は多くいます。抜け毛と聞くと男性の悩みだと思いがちですが、女性や子供にも起こることがあります。人間の髪には寿命があり、生えては抜け、抜けては生えを一定のサイクルで繰り返しています。


何らかの原因でこのサイクルが乱れ、生える量は減り抜ける量が多くなる、この状態を脱毛症と呼び、いろいろな種類があります。


最も一般的なのが、男性型脱毛症、通称AGAと呼ばれているものです。成人男性に良く見られるもので、額の生え際や頭頂部の髪が、場合によってはその両箇所から薄くなっていきます。遺伝や男性ホルモンの働きが原因と考えられており、ゆっくりとですが進行していくのも特徴の一つです。女性に見られる代表的な症状の一つに、女性男性型脱毛症、FAGAと呼ばれるものがあります。びまん性脱毛症とも呼ばれ、男性型と比べると全体的に髪が薄くなるのが特徴です。ホルモンバランスや血行不良などが原因とされており、一定以上は進行しないのも男性型との違いと言えます。


性別や年齢にかかわらず見られるものに、円形脱毛症があります。これは、頭に十円玉ほどの大きさの脱毛部分ができるもので、中でも子供に多く見られます。突発的に十円玉大の大きさになるのが特徴で、原因は心理的ストレスや遺伝、ホルモンバランスの他に、免疫作用も考えられます。


牽引性脱毛症は、ポニーテールなどの髪型を続けた結果、髪の毛根がダメージを受け、生え際や分け目が薄くなるものです。これは髪型や分け目を変えることで予防することができます。女性の中には妊娠中から産後のタイミングで髪が薄くなる人がいますが、これは分娩後脱毛症と呼ばれるものです。出産前後のホルモンバランスの急激な変化が原因で起こります。一時的なもので、時間の経過で回復することがほとんどです。


脱毛にはいろいろな種類があり、原因もさまざまです。自分がどの脱毛症なのかを知り、正しい対策を取りましょう。


関連記事

M字型・O字型のハゲでも髪型次第でカッコ良く見せれる?
薄毛を防ぐためには頭皮に適量の皮脂が必要
肝臓の不調が抜け毛や薄毛につながることも



>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識