薄毛の豆知識

飲酒・喫煙は薄毛と何か関係があるのですか?


ガンを誘発したり老化を進めてしまうといったデメリットに関しては大勢の人々に認知されているのですが、薄毛にも影響しているという事はあまり知られていません。喫煙する事により、ニコチンの影響により血管が細くなり血流が悪化します。


加えて、発生した一酸化炭素により頭皮の存在している細胞に対して酸素が届かなくなり頭皮の代謝も悪化してしまうのです。代謝が悪化し血流も悪くなることにより、毛髪や頭皮に必要な分の栄養や酸素が届かなくなってしまい成長が阻害され薄毛になってしまうのです。


しかも、喫煙することにより本来毛髪と頭皮に届くはずだったミネラルや栄養素が消費されてしまうので薄毛になります。こうした点から言えるのは、薄毛を治療する上では禁煙するという事は必須条件になります。


しかし、煙草の害について理解しているもののやめることができないという悩みを抱えている方も多いものです。個々により煙草と距離を置く方法は異なりますが、多くの人々は徐々に本数を減らしていったり程度の軽い物に変更するといった方法を行います。このように吸いながら本数を減らしたり程度の軽いものに変更するという方法は成功率が低いです。


一方、禁煙に成功した人々は減煙という方式を行わずに一気にやめたという共通点があります。特に効果的と言われているのは、周囲の人々に対し禁煙すると言うことです。長年の習慣で思わず吸ってしまいそうになってしまったら注意してもらえるように協力してもらうと良いです。


薄毛に悩み、改善を目指すために煙草をやめるという方は常に手の届く所に鏡を置いておき頭部を見ると良いでしょう。タバコと同じく飲酒も薄毛に悪影響を及ぼします。


飲酒すると顔をはじめとする全身が赤みを帯びるので、一見血行が良くなっているように見えるのですが、実は血行が悪くなっているため皮膚が赤くなるのです。タバコの場合と同じく必要な栄養が届かなくなり、薄毛になってしまいます。



>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識