薄毛の豆知識

生え際が薄くなる原因・対策法


生え際が薄くなってしまう原因にまず挙げられるのが血行不良です。血行不良になると毛根に栄養や酸素が供給され難くなりますので、それによって脱毛が発生し易くなります。そして生え際は特に毛細血管が少ない部分ですから血行不良の影響を受け易く、血行を良くするように生え際対策をしていかなければいけません。


血行を良くする方法としてまず禁煙です。喫煙は血管を収縮させたり血管を硬くするなどして血液の流れを悪くする最たる要因とされています。髪の毛にとってデメリットにしかならず、薄毛リスクを高めてしまいますので喫煙をしている場合は煙草を止めた方が良いと言えるでしょう。


日々の食生活も重要です。食事内容が悪いと血液の質や流れが悪くなりますが、特に油っこい食べ物や糖分を多く含む食べ物を過剰に摂取している場合は要注意とされています。血液がどろどろになってしまって毛根の働きも落ちますので、該当する場合は改める必要があると言えます。


生え際が後退する原因としてAGAも挙げられます。AGAは脱毛を促進する物質であるDHTが増えることで発症しますが、特に影響を受け易いとされているのが生え際なのです。生え際はDHTの濃度が高くなり易い部分ですのでそれゆえに生え際から薄くなってしまうケースが少なくありません。


原因がAGAの場合の対策法としては治療薬を用いる方法があります。DHTを抑制する為の治療薬や発毛を促進する治療薬がありますが、そうした薬を利用することによって改善できる可能性が高まります。薬を利用せずに改善することは難しい脱毛症でもありますし、対策法を誤ってしまうと脱毛の促進すら食い止めることはできなくなってしまうのです。


なお、治療法としては他にも注射治療だったり自毛植毛という方法もあります。現在ではいくつかの治療法が開発されており、どれも有効な対策法とされています。そして中でもポピュラーなのが治療薬を利用する対策法なのです。


関連記事

薄毛予防に重要なシャンプー選びについて
頭皮の血行と薄毛には関係があるのか?
AGAの原因とヘアサイクルの乱れの話



>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識