薄毛の豆知識

M字型・O字型のハゲでも髪型次第でカッコ良く見せれる?


男性の方でハゲで悩んでいる方は少なくはないと思います。その場合ハゲを隠し、育毛なり増毛を行ってフサフサに戻る努力をするのか?それともいっそのこと開き直って、ハゲている路線で行くのか決断に迫られる時が来るでしょう。普通ならば「自分がハゲなんて認めたくない。絶対に嫌だ。」という人がほとんどでしょうが、日本の場合はそうであっても海外ではそうではない場合が多いです。


アメリカやヨーロッパではハゲているからと言って、隠している人はほとんど見かけず、むしろファッションとして楽しんでいる人もいます。それに日本人であってもハゲが似合っている人もおり、必ずしも悩む必要はないでしょう。最終的にはスキンヘッドが似合ってればそれで解決しますが、仕事柄出来ない人や似合わない人もいます。そこで一般的に二種類ある、M字型とO字型のハゲについてかっこよく見せられる髪型を提案します。


まずはO字型ハゲ。このタイプだとつむじ部分がハゲてるまたは薄毛になっているのですが、そのまま前も少し薄毛になっているタイプが多いです。手入れせずにいると、ハゲ散らかしたように見えてしまうことが多いこのタイプは、きちっとした髪型で清潔感を持っておく必要があります。有名人でいうとソムリエの田崎真也や映画俳優のショーン・コネリーが代表になります。隅々まで手入れが行き届いており、紳士的な印象を持つことが出来ます。髪の毛の長さは短くなりすぎず、少し伸ばした髪が似合うのはO字型ハゲの特徴です。


一方M字型ハゲは前から見たとき、剃りこみが入っているように見え、このタイプはかなり髪を短髪にしても似合っており、カラーリングで遊んだりしてもかっこよく見せることが出来ます。タレントの所ジョージや映画俳優のダニエル・クレイグなどがあげられます。M字型ハゲはO字型ハゲと違い、きちっとした印象よりもワイルドで少し遊び心がある印象を持たせる髪型が似合っており、実際そのような人が多いのも事実です。


このようにハゲていても自分にあった髪型を見つけることで、ハゲていることを恥ずかしいと思わずに個性の一部として過ごしてみましょう。


関連記事

女性特有?妊娠中・出産後に抜け毛が増加しがちな理由
ヘッドスパの3つの効果|薄毛改善のサポートにもなる?
薄毛を防ぐためには頭皮に適量の皮脂が必要



>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識