薄毛の豆知識

AGAの原因とヘアサイクルの乱れの話


男性の薄毛の悩みというものは意外と多く、若い年齢のひとでも抜け毛が多くなってきたり薄毛で悩んでいる人がいます。


よくあるのがAGAという男性型脱毛症というもので18歳から20歳を超えたころから成人男性によく見られる髪の毛が薄くなってくる症状です。


AGAの薄毛には特徴があり、頭頂部から徐々に薄くなってきたり前髪などの生え際から薄くなってくるのです。それ以外の部分から薄くなってくることはほとんどありません。


抜け毛が多くなってきて髪の毛が薄くなるのですが、徐々に抜ける量が多くなるので気付かずに進行してしまうことがよくあるのです。また頭頂部などは自分でも見えないこともあり、指摘されて気付くということもあります。


このような薄毛は進行してしまう前にヘアケアを行うことが大切なのです。東京にもこのようなAGAを専門に治療を行っている病院やクリニックがあります。


AGAになってしまう原因として男性ホルモンの影響や生活環境の変化などによってより進行させてしまうと言われています。またストレスなども影響しており原因はひとつだけとは限らないのです。


ではなぜ男性ホルモンや生活環境の変化などで薄毛になるか、それはヘアサイクルに乱れが生じてしまうためです。例えば男性ホルモンの影響としては過剰に分泌されてしまうことで皮脂の分泌が増えてしまい、その過剰の皮脂の分泌によって毛穴にある角質を混じり毛穴を塞いでヘアサイクルを乱してしまうのです。


ヘアサイクルは通常であれば4、5年というサイクルで髪の毛が生え変わるのです。髪は伸びているあいだ成長を続けておりやがてその成長が止まって新しい髪の毛が生えてくることで抜けかわるのです。


しかしこのヘアサイクルが乱れてしまうと髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまい抜けるサイクルのほうが早くなってしまうのです。


AGAの治療方法としてはこの乱れたヘアサイクルを正常に戻すことが必要なので早めに病院やクリニックで治療をすることです。


関連記事

薄毛予防に重要なシャンプー選びについて
頭皮の血行と薄毛には関係があるのか?
生え際が薄くなる原因・対策法


>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識