AGA治療の豆知識

注目度が上がっている?HARG(ハーグ)療法について


AGA治療にはさまざまな方法があり、ごく卑近な例をあげるとすれば、ドラッグストアなどで市販している育毛剤を自宅で頭皮に塗るといったことも、こうしたAGA治療の一種であるといえます。実際のところ、現在では市販薬であってもミノキシジルなどのたしかな育毛効果が見込まれる成分を配合したものがあり、根気強く取り組むことができれば、目的を達成することも不可能ではありません。


しかし、市販薬の限界というのは、頭皮や頭髪の状態を専門的にチェックしてくれる医師などのよきアドバイザーを持たないことと、副作用が起きないようにするために有効成分の配合量をごく少ない水準におさえているというところにあります。そのため、試してみたものの目に見えて効果があるわけではなかったという感想しか持てなくなってしまうのです。


いっぽう、医師が行うAGA治療は、専門的な知見と技術に裏打ちされたものであるため、自宅でのAGA治療よりも、はるかに高い効果を上げることができます。現在のところ、施術可能な医療機関が一部に限られているというところがネックですが、そうしたなかでも注目されているのは、最新の方法であるHARG(ハーグ)療法とよばれるものです。


このHARG(ハーグ)療法というのは、ヒトの細胞でも中心的な役割を有する幹細胞から抽出した、150種類以上の成長因子となるタンパク質を、ビタミンBなどの有用な成分をブレンドしたカクテルとともに、細いニードルなどを使って直接頭皮に注入するという方法です。クリニックによってはニードルを使わず、無痛で施術をしているところもあります。


これは育毛剤のように有効成分を頭皮にふりかけるといった間接的な方法ではなく、医師が直接注入することになるため、有効成分が確実に毛母細胞などの毛髪の生育にとって重要な部分にいきわたり、薄毛や抜け毛の症状を、育毛剤などよりも早期に改善させる効果が期待されています。


関連記事

薄毛対策には育毛剤?それともAGA治療?
AGA治療薬「ミノキシジル」の効果・副作用
AGA治療の前にAGA遺伝子検査を受けたほうが良い?



>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識