AGA治療の豆知識

自毛植毛の種類(FUT法・FUE法・マイクログラフト法)


自毛植毛は自分の髪の毛を採取することですが、採取のやり方によって種類があります。


ニードル法は頭皮に穴を開けて植える方法です。移植するドナーをニードルにセットして、1本ずつ植えるので増やす髪の毛が多いほど開ける穴も増えます。時間や手間がかかりますが、傷跡が目立つにくいです。日本人の太めの髪の毛の適していたので、ニードル法が主流だった時代もあります。しかし定着率が下がりやすいので、ニードル法を現在でも勧める医師はほとんどいません。


FUT法は、1つの毛根から生えている2?3本の髪の毛を1つの単位と見なします。この単位をグラフトと呼び、1本のマイクログラフトや2本のフォリキュラーグラフト、3本以上のダブルフォリキュラーグラフトがあります。実体顕微鏡を使って最も適した場所にグラフトを移植し、自然な仕上がりを目指します。植毛先進国のアメリカで誕生した施術法で、定着率は95%と非常に高いのでドナーを無駄にしません。使用する機器は進歩しているので5?7時間の施術が終われば日帰りも可能です。施術後は毛根が抜けるのを防ぐために、ヘルメットや帽子の着用が必要です。


FUE法は専用のパンチを使って毛根ごとくり抜く方法です。メスを使わないので頭皮を縫合した跡も残りません。自毛植毛をするのに十分な毛量を獲得するのは時間がかかるので、1回の施術で大きく変わることはありません。特に広範囲に移植すると目立たないため、プチ植毛に採用される方法です。パンチでくり抜く時に毛根を切断すると定着しないため、医師のスキルが試されます。


FUT法やFUE法は毛法単位で移植しますが、マイクログラフト法は毛髪単位で植毛します。かつては生え際が不自然になりましたが、技術が発展したことで1?3本の小さなグラフトを大量に移植することができます。特にボリュームアップが必要な場所には、4?6本のグラフトを使うなど密度によって使い分けています。


関連記事

ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼの解説
AGA治療の効果が実感までの期間はどのくらい?
AGA治療にはどんな種類がある?費用は?


>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識