AGA治療の豆知識

薄毛治療・AGA治療を早めに受けたほうが良い理由


朝のヘアセットで頭髪を見ていたら生え際が薄くなっているなと気づいたり、シャンプーしていると抜け毛が多いなと思ったら、AGAの可能性が非常に高いです。髪の毛が薄くなるのは、30や40を超えた中高年からと勘違いしている人もいますが、AGAは思春期を超えた頃から始まり、徐々に進行して行く症状です。


そのため、10代でも頭髪が薄くなることもあるので、薄毛に気づいたら早めのAGA治療を受けるようにしましょう。AGAは進行性のため、すぐに頭髪のすべてが抜け落ちるというわけではありませんが、元のふさふさな髪の毛に戻すまでにかなりの時間を要するようになります。


頭髪は元々、ヘアサイクルによって成長するのですが、その期間はおよそ7年と言われています。6年間で髪の毛をひたすら伸ばし続け、残りの1年で古い髪の毛を押し出し、新しい髪の毛を生まれ変わらせます。6年間にわたって伸ばし続けるとかなりの長さになりますが、地肌が見えるような状態の頭皮から髪の毛を伸ばし、気にならなくなるまでの期間は少なくとも1年は必要です。


また、髪の毛が成長するのは、毛根の中の細胞が分裂することで起こるのですが、これは年齢によって成長する速度も変わってきますし、歳を取ると反応が鈍くなりやすいのです。AGA治療は何歳からでも始めることは可能ですが、20代の若者と40代の中高年では、元のふさふさのヘアスタイルになるまでの期間や改善できる時間もかなり違ってきます。若ければ若いほど発毛に効果を発揮するのがAGA治療なので、薄毛に気づいたら悩まずにすぐに実行に移すようにしましょう。


素早いAGA治療は、元に戻るまでの期間が短くなるだけでなく、現在進行形で広がっているハゲを抑えることもできるのです。去年までは数センチ程度の円形の薄毛が翌年には十数センチの大きな丸ができていたということも考えられますが、早い段階で治療をしていれば数センチのままで被害を抑えることが可能です。


>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識