AGA治療の豆知識

薄毛対策には育毛剤?それともAGA治療?


薄毛対策で育毛剤が使用できるのは、あくまで初期の段階です。抜け毛が増えてきた、髪が少し細くなってきた、と感じる段階では育毛剤は大いに役立ちます。育毛剤とは頭皮に活力を与えて、育毛を促進するアイテムです。保湿する役割もあることから、お肌に例えると化粧水や美容液に相当するものです。


育毛剤は育毛・血行促進などの作用がありますが、洗髪後に使用しないと効果が激減します。洗髪をして頭皮が綺麗な状態で使用することで、育毛成分が毛根まで届くのです。初期の抜け毛を防ぐ作用もあり、将来の薄毛対策としても使用されます。


育毛剤を使用しても改善しない薄毛なら、本格的なAGA治療が必要になるでしょう。育毛サロンを利用する手もありますが、最も確実で効果が素早いのはクリニックでの治療です。


治療とは医療行為であり、サロンよりも確実に効果は高いです。中度以上の薄毛なら、すぐに対策をしないといけません。コツコツと自宅で育毛施術をして、改善できるレベルではないのです。


一般的に中度になると、AGA治療以外では対策が難しくなってきます。中度の初期段階くらいなら育毛サロンで対処することも可能ですが、確実性を考えるならクリニックに行くべきです。


AGA治療には健康保険が使えませんが、サロンよりも効果が高いので費用対効果に優れています。クリニック治療は100万円以上の費用がかかりますが、育毛サロンも何年も通えば数百万円はかかります。短期間で髪のボリュームを復活させるなら、AGA治療を受けるべきです。


AGA治療のメリットは、医学的根拠に基づいた治療を受けられることです。巷の育毛ケアには医学的根拠のない方法が少なくありません。民間療法で薄毛が治ったという方もいますが、それらは初期の症状です。


地肌が目立つレベルになってしまうと、プロでないと改善は難しいです。クリニックでは最新の薄毛治療を受けられますし、いざとなれば自毛植毛という手もあります。


関連記事

注目度が上がっている?HARG(ハーグ)療法について
AGA治療薬「ミノキシジル」の効果・副作用
AGA治療薬「プロペシア」の効果・副作用



>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識