AGA治療の豆知識

AGA治療薬「ミノキシジル」の効果・副作用


現在AGA治療薬として使われるミノキシジルは、毛細血管を拡張させることで血圧を下げる高血圧患者向けの薬として作られました。1970年代に多毛症の副作用が報告され、外用薬として頭髪に使ってみたところAGAが改善されたので、世界的に使われています。日本の厚生労働省が認可しているのは、外用薬のミノキシジルです。


ミノキシジルは血行を促進することで育毛効果がありますが、脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンが皮脂を過剰分泌するのを抑制する効果が弱いです。そこでクリニックでは内服薬で、日本でも認可されているフィナステリドと併用しています。ミノキシジルの外用薬ではAGAの効果が物足りない人は、内服薬のミノキシジルタブレットを服用することができます。


日本では販売されていませんが、海外では用いられており個人輸入をする医師から処方してもらえます。ただし外用薬は皮膚から吸収されるので副作用の心配は少ない一方で、血液に溶け込む内服薬は副作用も強く出やすい傾向があります。ミノキシジルは低血圧を引き起こしてめまいなどの副作用が出ることがあります。


ミノキシジルタブレットは、外用薬で肌がかぶれた人が使えるとして人気ですが、元々血圧の低い人が服用すると全身に作用するので注意が必要です。他にも眠気や性欲減退、頭痛などの症状が出ます。副作用が怖い人は、外用薬のミノキシジルが安全です。外用薬であれば、AGAクリニックだけでなく、市販のドラッグストアにも育毛剤として置かれています。


クリニックではAGAがそれほど進行していない人には、内服薬のフィナステリドだけを処方します。ミノキシジルの外用薬を用いるのは、進行してからです。ミノキシジルは発毛サイクルにも作用するため、最初はヘアサイクルがリセットされることで、一時的に抜け毛が増えます。この段階で治療を断念すると効果が得られないため、内服薬を組み合わせながら長期間治療に専念します。


関連記事

薄毛対策には育毛剤?それともAGA治療?
注目度が上がっている?HARG(ハーグ)療法について
AGA治療薬「プロペシア」の効果・副作用


>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識