AGA治療の豆知識

AGA治療薬「プロペシア」の効果・副作用


プロペシアとは、フィナステリドと呼ばれる成分を配合したAGA治療薬の一種で、世界各国で使用されており、もちろんわが国でも医師の診察を受けて処方を受けることができるものです。


フィナステリドには、AGAの元凶となっている男性ホルモンが体内で変化してできた物質であるDHTのはたらきを抑制するという効果が確認されており、これはさらに正確にいえば、男性ホルモンをDHTに変換する役割を担っている酵素の作用を妨害し、結果としてDHTが生産されないようにしているというものです。


薄毛を治療するための医薬品としては、このほかにもミノキシジルのような成分を配合したものが知られていますが、ミノキシジルが血行促進によって、頭皮に栄養分などが集まりやすいようにするというはたらきをメインとしているのに対して、フィナステリドのほうはAGAになるメカニズムそのものにはたらきかけているという違いがあるため、より強力であるといえます。


また、プロペシアは頭皮に塗ったりふりかけたりする一般的な医薬品とは異なり、飲み薬として口から直接体内に摂取するものですので、そのような意味でも高い効果が見込まれるといえます。


気になるプロペシアの副作用ですが、場合によっては男性機能の減退や肝機能障害などがみられるとされています。頻度的には高いとはいえないものの、ホルモンにかかわる医薬品ですので、身体的な不具合を感じたら医師に相談して適切な処置をしてもらうことが望ましいといえます。


例外的ですが、プロペシアを服用している本人ではなく、家族などの周囲の人に副作用が及ぶ可能性もあります。これはプロペシアの錠剤を割って服用するなどの、通常とは異なる方法で使用している場合に関してのものですが、妊娠している女性の皮膚に付着したり、あやまって飲んでしまうなどして体内に有効成分が吸収されると、男の胎児の生殖機能に障害が発生する可能性があるとされています。用法用量を守って使用するというのは、医薬品の一般的な原則ですが、プロペシアにもやはりあてはまるといえます。


関連記事

注目度が上がっている?HARG(ハーグ)療法について
AGA治療薬「ミノキシジル」の効果・副作用
ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼの解説


>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識