AGA治療の豆知識

AGA治療の効果が実感までの期間はどのくらい?


AGA(男性型脱毛症)の患者が治療を始めたいと思っている場合、まず留意しておかなければならないのは、発症する前の状態に戻るまでにはある程度長期間はみておかなければならないということです。


AGA治療にかけなければならない期間は、選択する治療方法によって異なります。例えば、AGA治療においてもっとも手頃な方法であるミノキシジルとフィナステリドの投与による薬物治療では、治療を開始してから3ヶ月程度で目に見える形で効果があらわれる患者が増え、治療開始から6ヶ月が経過する頃になると大多数の人に治療効果がはっきりと確認できるようになります。


このような傾向が出ていることから、AGA治療専門のクリニックでも、まず効果が出るかどうかに関係なく6ヶ月は治療を継続し、それで効果が出ない場合はさらに最大で6ヶ月間、効果が出るまで治療期間を延長するという形で薬物治療を行っている所が多いです。また、患者の脂肪幹細胞から抽出した成長因子と、毛髪の生成に必要な栄養成分を混ぜた薬剤を頭皮に直接注射するHARG療法も、効果が定着するまで6ヶ月から1年程度の期間を要するといわれています。


AGA治療において最も短期間で終えられる可能性がある治療方法は、自身の毛髪を薄毛になっている部分に移植する方法、つまり植毛です。植毛は、頭皮に傷をつけることになるため、手術を受け終えた後もメンテナンスが必要となりますが、うまく頭皮に植えた毛髪が定着すれば、6ヶ月以内で治療を終了させることができます。


ただし、上記の例で挙げた期間は、あくまでAGA発症前の状態に戻るまでの期間です。AGAは、治療によって一度発症前の頭皮に戻ったとしても、今度は効果を維持するするための治療を受けなければなりません。効果が出たからといって治療をやめてしまうと、再び薄毛の進行がはじまってしまいます。AGAは風邪やインフルエンザなどとは異なり、いちど発症すると生涯にわたって付き合っていかなければならない病気です。


関連記事

AGA治療の前にAGA遺伝子検査を受けたほうが良い?
AGA治療にはどんな種類がある?費用は?
自毛植毛の種類(FUT法・FUE法・マイクログラフト法)



>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識