AGA治療の豆知識

AGA治療にはどんな種類がある?費用は?


今の時代、男性だけでなく女性の方も抜け毛や薄毛の悩みをもつ方が増えている傾向にあります。なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか。原因はさまざまあります。そんな悩みを持つ方におすすめできるAGA治療には、いくつか種類があります。


まず一つ目は【飲み薬】です。これにはフィナステリド剤などが知られています。二つ目は塗るタイプの育毛剤があります。これにはミノキシジルが有名ではないでしょうか。三つ目は植毛です。これは毛根がなくなった部分に人工的に毛根を移植するものです。四つ目は発毛剤があげられています。これは毛根がなくなった部分に薬剤を注入する方法です。


今は、この四種類の方法があげられていますが、ともに厚生労働省が定めている医療保険は適応されていません。AGA治療そのものは、美容整形と比較すると同じ部類に分けられています。それは命に関わるほどの治療ではないことが理由としてあげられるからです。


結果として健康保険は適応外となります。


しかし例外もあります。精神的な理由や他の病気が原因で脱毛となり、AGA治療を受けることになった場合です。このような事例を税務署や税務署の職員が認めることがあれば医療費控除を使うことができるといわれています。これらの基準額は決められていて1年間で家族全員が使うAGA治療の診療費や薬の代金が10万円になった場合とされています。自由診療という理由から医療費控除が適用外と考えず、最寄りの税務署に相談するようにしましょう。


またいくつかのAGA治療を行う際に、できるだけ安くすませるためには【通販での薬の購入】を考えてみましょう。その際の費用の相場はだいたい1カ月で8000円から15000円程度と言われています。それは医師を介さない方法では診療代がかからないためだとされています。しかしデメリットとしては、具体的な診療がされていないため自分の髪質にどの薬があっているのかがわからないことがあげられます。それぞれがメリットやデメリットがあるため注意する必要があります。


関連記事

AGA治療の前にAGA遺伝子検査を受けたほうが良い?
AGA治療の効果が実感までの期間はどのくらい?
自毛植毛の種類(FUT法・FUE法・マイクログラフト法)



>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識