AGA治療の豆知識

ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼの解説


AGAは頭髪の一部が抜け落ちる、または毛髪が成長しなくなることで、ハリやコシを失った細い毛髪ができあがる症状です。進行性のため一度でも発症すると止まることがなく、主に頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなっていきます。自然治癒はせず、また現代の医療技術を持ってしても完治は不可能と言われ、治療薬を使用して症状を抑えることが対処法となります。


しかし、薄毛治療を始めれば元のふさふさの髪の毛に戻ることもあるので、少しでも薄毛が気になり出したら早めに治療することが必要です。AGAの原因となるのは頭皮の血行障害による栄養不足か、頭皮に集中して高濃度で見られるジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンです。


DHTは男性に限らず女性にも存在する物質ですが、最初から存在しているわけではなく、男性ホルモンのテストステロンが変性することで生成されます。テストステロンは毛髪を太くする作用があり、このホルモン単体ではAGAの直接の原因とはなりませんが、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結びつくことでDHTへと変性します。


5αリダクターゼは1型と2型が存在しますが、主に毛乳頭細胞に存在する2型と結びつくことで、DHTに変性して毛乳頭細胞から毛母細胞へと移行し、毛髪の成長因子を阻害することで、十分な髪の毛の育成が行われずにヘアサイクルが乱れることになります。細く薄い毛髪にしか成長せず、抜けやすい状態になることで頭髪が薄くなり、結果的にAGAの症状となります。


テストステロンは人間にとって重要なホルモンで、5αリダクターゼを完全に除去することは不可能であり、DHTの生成を抑えるのは難しいという結論になります。薄毛治療に使用される医薬品で、唯一5αリダクターゼを阻害する作用のある薬がありますが、効果は飲み薬を飲んでいる間だけとなるため、AGAを抑制するためには生涯ずっと飲み続けることになります。


副作用などの問題から継続し続けるのは難しく、結果的に運動療法など別の治療法が必要になってきます。


関連記事

AGA治療薬「プロペシア」の効果・副作用
AGA治療の前にAGA遺伝子検査を受けたほうが良い?
AGA治療の効果が実感までの期間はどのくらい?


>>AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

横浜のAGAクリニック一覧

 

AGA治療の豆知識

 

薄毛の豆知識