横浜でAGA治療(薄毛治療)を検討されている方へ。横浜市内で人気のあるAGA治療の病院・クリニックを以下でご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

AGA治療専門!横浜でおすすめのクリニックランキング

「予想以上のスピードで生えてきた」など喜びの声多数。

AGAスキンクリニックはAGA治療を専門とするクリニックであり、横浜だけでなく全国各地に多くの医院があります。

「全体的に目立たなくなった。」「思っていたより早く生えてきた。」など、多くの男性が発毛効果を実感できています。

l まずは無料カウンセリング予約を。薄毛に関する悩みを気軽に相談することができます。

 

 


  

横浜駅から徒歩2分。医療機関のみで治療可能な最先端の毛髪再生治療「HARG療法」で人気のAGAクリニック。

約1ヶ月おきに3回行うことで発毛効果が実感できます。(実感の度合いには個人差があります。)

話題のHARG療法のほかにも、プロペシア・ミノキシジルなどAGA治療薬の処方による薄毛治療にも対応してくれています。

 

 




おすすめの病院・クリニックは?




若者のうちから薄毛が進行している人が増えており、その中でも頭頂部や生え際が薄くなっているときにはAGAのことを疑ったほうが良いでしょう。

全国各地でAGA治療を受けることができるクリニックは増えてきていますが、遠くまで通うことは労力を伴うことになりますので、できるだけ自分の住んでいる地域にあるクリニックを把握しておくことがおすすめです。 横浜に住んでいる人の場合には、都心まで通うことも可能ですが、AGA治療では継続的に通院しなければならないことも考慮に入れておく必要がありますので、横浜にあるAGA治療のクリニックを選ぶことが最適です。

横浜中央クリニックでは、AGA治療薬としてのプロペシアなどの処方を受けられるほかにも、女性の薄毛などにも対応しているHARG療法を受けることが可能です。 HARG療法とは、日本医療毛髪再生研究会に認定されているクリニックだけが行う資格のある、最先端の毛髪再生医療のことを指します。

横浜中央クリニックでは、駅から徒歩2分で通うことができますので、アクセスの面でも良い場所にあります。 おすすめのAGA治療が行われているクリニックには、湘南美容クリニック横浜院もあります。 湘南美容クリニック横浜院は、プロペシアの処方の際の診察料は無料になるサービスを行っていますので、AGA治療薬の処方だけを希望している人の場合には、1か月あたりの費用が4000円から6500円で済ませることが可能です。 オリジナル治療薬も処方していて、プロペシアの他にミノキシジルの内服薬やビタミン剤も取り扱っており、1か月分の価格は17550円となっています。

内服薬の処方の他にも自毛植毛の施術や、育毛メソセラピーなどの治療プログラムが用意されていて、患者の頭皮の状態によって最適な治療を選択できます。 AGAスキンクリニック横浜院は、全国の20か所で展開しているクリニックの横浜院となります。 オリジナル治療を採用していて、治療を受けた患者のうちの99.4%が発毛の実感が得られたと言われている人気のクリニックです。


病院選びも重要




AGA(男性型脱毛症)の効果的な治療を行うには、病院選びも重要になります。 横浜エリアでおすすめのAGA治療クリニックには、まず「AGAスキンクリニック 横浜院」があります。 このクリニックは通院している患者さんの内、3?4カ月目で78%、4?6カ月目で99.4%の人が発毛を実感しているという、患者さんの満足度が高い所が魅力となっています。

AGAスキンクリニック 横浜院で受けられる治療には、男性型脱毛症の治療薬としてスタンダードになっているプロペシアの処方の他、このクリニック独自の配合バランスや濃度で発毛に有効な成分を配合した内服薬と外用薬の処方、発毛成長因子を直接頭皮に補完するAGAメソセラピー、AGA幹細胞再生治療などがあるため、それぞれの患者さんの薄毛の進行の程度に合わせた治療法を選べるのが、発毛効果が期待出来る理由となっています。 また、横浜で薄毛治療におすすめのクリニックとしては「横浜中央クリニック」も良いでしょう。

横浜中央クリニックは、男性型脱毛症の治療薬として有名なプロペシアやミノキシジル、ミノキシジルタブレットの処方が出来ます。 その他にも、高輝度LEDの光を毛乳頭細胞に当てることで、毛母細胞の発達を促すなどの効果により髪の毛の成長を促進させるLEDライトセラピーや、PRP毛髪再生療法、HARG療法といった最先端の薄毛治療も取り扱っているので、総合的に薄毛改善のための治療が受けられる医療機関となっています。 そして、横浜には「聖心美容クリニック 横浜院」という薄毛治療に力を入れている美容クリニックもあり、男性はもちろん、薄毛に悩む女性にも通いやすいクリニックです。

聖心美容クリニックではプロペシアやミノキシジル、パントガールなどの薄毛治療薬の処方をはじめ、ケラステム毛髪再生、プレミアムグロースファクター再生療法というような新しくて高度な発毛治療も受けられるため、それまで色々な方法を試しても発毛が実感出来なかった人も相談に行ってみるのがおすすめです。 AGA治療は何度か通院する必要があるので、アクセスが便利なクリニックで受けるのが良いですが、これらの病院は駅に近く、便利です。


男性ホルモンが関連




頭頂部やつむじ部分のハゲの原因は、男性の場合は大半が男性ホルモンが関連しています。頭頂部やつむじ部分、そして生え際のM字のハゲに関しては男性ホルモンが生み出すDHTという物質が頭皮に対して悪影響を与えることがわかっています。DHTは、毛乳頭に直接的に働きかけて脱毛作用を引き起こすようになっていますので一度その症状が発症すると体内の男性ホルモンの状態を改善しないともとに戻すことが出来ません。そのため、それ専用の薬を入手したり、男性ホルモンの脱毛作用に強い自毛を利用して手術をする必要があります。

男性ホルモンを原因としたハゲは非常に特徴的で、頭頂部や生え際がハゲてくるだけではなくて後頭部や側頭部の髪の毛が豊富に残ることが特徴の一つとしてあげられます。後頭部や側頭部には発毛阻害物質が関与しない髪の毛が存在しますので、この部分の髪の毛を移植のドナーとして採取することによって薄毛の進行を止めることが出来ます。一般的なハゲではここまでしなくても市販の薬で対応することが出来るのですが、こうした症状の場合には本格的な医薬品を利用しないと対応ができないということを知っておきましょう。

また、こうした薄毛の症状に対する対処はあくまでも男性ホルモンを原因とした症状のみに対応することが出来るのであっても、他の薄毛の症状には対応することが出来ないことも理解しておく必要があります。例えば、つむじが円形に脱毛する症状としてはエネ気脱毛症も存在しますが円形脱毛症に関してはこうした専門的な薬や手術を利用して治療することが出来ません。円形脱毛症に関しては、その発症原因を完璧に特定できているわけではないので、薬を使ったり手術をすることによってどのような影響が出るのかがわかっていません。そのため、頭頂部がハゲていてもそれが円形脱毛症だと判断された時には別の専門的な方法で治療をしなくてはいけないことを知っておきましょう。


AGAは進行性




AGAは男性型脱毛症とも呼ばれており、多くの成人男性が薄毛になる原因になっています。

AGAは早期に治療開始すると薄毛の改善の可能性が高くなりますが、その理由は、AGAが進行性であることと深く関わっています。 そもそもAGAは、発症すると体内にある男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素によって、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変換され、そのDHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に結合してヘアサイクルを乱れさせることにより症状が出ています。

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛の成長期が通常よりも短くなって細く弱い毛になってしまったり、通常よりも早く抜けてしまう症状があらわれるので段々と薄毛化が進んでいきます。

薄毛治療クリニックなどで処方されているAGA治療薬の有効成分フィナステリドは、このようなAGAで薄毛になる仕組みに対して、5αリダクターゼを阻害することでDHTの生成を抑制し、ヘアサイクルの乱れを正常化させようとする働きを持っています。 ヘアサイクルが正常化すると髪の毛の成長期が長くなり、髪に太さやコシなどが出てくるため、フィナステリドは薄毛の改善効果が期待出来る薬として多くのAGA患者さんに飲まれています。

しかし、AGA治療薬のフィナステリドは、AGAの進行を止める効果やヘアサイクルを改善して薄毛を回復する効果は期待出来ますが、効果には個人差があり、飲んでいれば髪の毛がどんどん生えてくるというものではないので、AGAによって既にかなり髪が抜けてしまった状態の人になると、髪の毛の回復が追いつかず劇的に改善することは難しくなってしまいます。

そのため、自分はAGAかもしれないと感じた時には早めに治療を開始して、薄毛が重症化する前に進行を止めると、改善の可能性が高くなるでしょう。

また、AGA治療にはフィナステリドの他にも発毛効果が期待出来る薬や治療法があるので、症状が軽い人も大分進んでしまった人も、色々な治療法を併用して薄毛の進行を遅らせながら育毛や発毛を目指しましょう。


親戚にハゲが多い?




親戚や家族にハゲている人が多いと、自分も将来ハゲになるのではないかと心配をする人は多いものです。

薄毛と遺伝に関係性があるという話は本当のことで、薄毛になる可能性の高さは遺伝するということが実験によってもわかっています。 遺伝によって薄毛が引き起こされる脱毛症として、AGA(男性型脱毛症)がありますが、これは男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れることによって髪の毛が薄くなったり、抜け毛が増えて徐々にハゲていくという脱毛症で、その発症には人の体内にある5αリダクダーゼという還元酵素やアンドロゲンレセプターが関わっています。

5αリダクターゼの活性の高さやアンドロゲンレセプターの感受性の高さは遺伝子によって決まっているので、この2つの要素が遺伝によって強い人はAGAによって髪が薄くなりやすいと言えます。

ちなみに、5αリダクターゼの活性の高さは優性遺伝なので、父親と母親のどちらかに5αリダクターゼの活性が高い遺伝子が受け継がれていれば、子供にもその遺伝子が引き継がれます。

それに対して、アンドロゲンレセプターの感受性の高さに関わる遺伝子は母親から引き継がれるので、母方の祖父がハゲている場合にはその孫である男性は髪が薄くなりやすい可能性があると考えられます。

さて、薄毛になりやすい遺伝子を自分が持っているかどうかは、AGA遺伝子検査によって調べることが出来ます。 AGA遺伝子検査は頭髪治療を扱っているクリニックなどで受けることが出来、将来ハゲる可能性があるかどうかを調べたり、現在薄毛になっている人はそれがAGAによるものであるかを確定診断することが出来ます。

他にもAGA遺伝子検査では、AGAの治療薬であるフィナステリドによってどの位治療効果が出そうかということも調べられるので、これからAGAを治療して髪の薄さを改善していきたい人にも役立つ検査となっています。

このように、髪が薄くなるのには遺伝が大きく関わっていますが、遺伝子を持っていれば必ずハゲるわけではなく、髪が薄くなりにくい生活習慣を実践したり、丁寧な頭皮ケアで髪が薄くなることを回避出来る場合もあるので悲観せずにケアを行いましょう。


AGA治療薬の種類について


男性で抜け毛や薄毛が気になったら早めに医師の診察を受けることをおすすめします。男性ホルモンの影響を受けやすい男性の場合は、AGA(男性型脱毛症)が発症している可能性が高いです。

しかし病院で適切なAGA治療をしてもらえば、効果的に薄毛を改善していくことができます。 病院で医師にAGAと診断された場合、AGA治療薬を用いて抜け毛や薄毛の改善を目指していくことになります。

AGA治療薬にはプロペシアとミノキシジルの2種類があります。どちらも効果的な薬ですが、現在はプロペシアを使用するケースが比較的多いです。

ミノキシジルには血管を拡張して頭皮の血行を促して発毛促進させる効果があります。しかし、副作用として血圧を下げてしまうおそれがあるので、低血圧の人ほどリスクが高くなります。 そのため、ミノキシジルを使用してAGA治療を行う場合は、医師とよく相談してから決める必要があります。

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる悪玉男性ホルモンがヘアサイクルを乱すことが原因で発症します。そのため、このDHTが産生されるのを防いでいく必要があります。 プロペシアにはDHTを生み出す5αリダクターゼの生成を阻害する効果があります。 プロペシアの服用を続けていけば次第にDHTの産生を減少させていくことができるので、ヘアサイクルが正常に戻っていき、抜け毛や薄毛が改善されていきます。

プロペシアの副作用としては肝機能障害がありますが、ミノキシジルに比べれば副作用のリスクは少ないです。 定期的に検査をしてもらいながら服用していけば比較的安全にAGA治療を行えるでしょう。

薄毛で通院することを恥ずかしく感じたり、治療費を抑えるためにプロペシアを個人輸入して自己判断で服用している人もいます。 しかし、医薬品には常に副作用のリスクがあることを考えると、あまりおすすめできる安全な方法とはいえません。必ず医師の指示の下でAGA治療薬を服用することが大切です。